艦これまとめ主義-攻略ネタサイト

艦隊これくしょんの攻略やレシピ、レベリング情報や初心者講座。漫画画像。ニコニコ動画、
PIXIVネタなどを毎日たくさん配信していくよ!

  • 51
  • コメント

としあき : 15/10/19(月)11:06:57

 
矢矧おじいさん以外に他の人もいるのかな… 


としあき
 : 15/10/19(月)11:08:18

榛名乗組員の人のインタビューはあったな


としあき : 15/10/19(月)11:12:38

なんかじいちゃんと自慢の孫みたいな感じで微笑ましい感じになってる


としあき : 15/10/19(月)11:19:10

浦風→磯風と乗った人のインタビューがあった様な


としあき : 15/10/19(月)11:38:16

自分の日記でもじいさんがやってることにすれば反応してもらえるからな


としあき : 15/10/19(月)11:59:11

うちの爺さんは陸軍だったから…


としあき : 15/10/19(月)12:00:37

ひいじいさんが陸だったかな、ウチは…


としあき : 15/10/19(月)12:12:21

>ひいじいさんが陸だったかな、ウチは…
ひょっとすると日清日露戦争あたりか?
それはそれですごい興味ある


としあき : 15/10/19(月)12:19:28

>>ひいじいさんが陸だったかな、ウチは…
>ひょっとすると日清日露戦争あたりか?
>それはそれですごい興味ある
や、恥ずかしながら若造で曾祖父の代に遡らんと対戦に行着かんのよ
それなりの地位の人だったみたいだけど
どちらかというと学費のために一般の大学ではなく士官学校行ったみたいな人で
軍の実務とかにはあまり関わってなかった模様


としあき : 15/10/19(月)12:10:35

ウチのじいさまはひ弱すぎて徴兵検査にはじかれた


としあき : 15/10/19(月)12:12:42

うちのは醤油飲んで…


としあき : 15/10/19(月)12:13:16

「うちのじいちゃん」は「マックの女子高生」に置き換えることも可能だぞ


としあき : 15/10/19(月)12:14:58

じいさんが……談義に加わりたくて調べたけど父方母方どちらも陸軍でガッカリだったわ


としあき : 15/10/19(月)12:16:26

うちの爺さんは満州で戦車作ってた
露助が攻めてくる前に工場で働いてた中国人に教えてもらって逃げられたんだ
もう爺さんは死んじゃってるし だからどうしたって話だけどな


としあき : 15/10/19(月)12:22:36

軍歴証明が原本から墨塗りだらけの祖父より
各務原で飛行機作ってた祖母の方が
明け透けにとんでもねえ話をするから侮れない

定期テスト中は空襲警報が鳴る事を期待して
名前は最後の最後まで書かなかったらしい
いざ本当に鳴ると皆で悲鳴を上げながらテスト用紙を上に放り投げて防空壕に向かうそうだ


としあき : 15/10/19(月)12:24:05

>いざ本当に鳴ると皆で悲鳴を上げながらテスト用紙を上に放り投げて防空壕に向かうそうだ
逞し過ぎる…


としあき : 15/10/19(月)12:22:50

ウチの母の兄貴(年齢差20)がシベリアに抑留されてて
帰ってきてから数年後に亡くなったとは聞いた
頑丈を絵に描いた様な兄貴がボロボロになっていて
抑留時代の無理がたたって最後まで健康が戻ることは無かったそうだ


としあき : 15/10/19(月)12:24:17

俺の伯父アッツ島で玉砕したって


としあき : 15/10/19(月)12:39:20

うちの祖父さん戦争当時に限らず昔の事話したがらない人だったから、俺が興味持たなかったのもあるけど何も聞けずじまいだったな
徴兵はされてなくて、艦砲射撃を経験したはずだが
祖父母が元気で関係も悪くなかったら帰省の折にでも聞いておいた方がいいぞ


としあき : 15/10/19(月)12:42:51

うちの叔父は首里で戦没
上等兵でした


としあき : 15/10/19(月)12:43:43

父方のじーさんは陸軍で満州行ってて、
母方のじーさんは寒川で20年の6月から3ヶ月だけ弾薬作ってたらしい


としあき : 15/10/19(月)12:47:24

友人の親戚筋に伊8号の乗員が居たらしい
ドイツにも行ってて当時の写真や
ドイツ兵から貰った?
ハーケンクロイツ入りの何かの布みたいなのが残ってるそうな


としあき : 15/10/19(月)12:47:55

祖父が日本語学校の教師で幼少の母含め一家で満州に渡ったけど
露軍に追われて命からがら引き揚げてきたらしい
軍艦に乗って帰ってきたけど艦の名前はちょっと分からないって言ってた


としあき : 15/10/19(月)12:51:30

うちのじいさんは戦時中は生まれつき体が弱いから兵役免除されてたけど
志願して行ったら満州の比較的平和なあたりに駐留してたらしいな銃を撃ったこともないそうだし
戦後?はシベリアに行ったんだけど日本人のなかでは珍しく特殊な車両が運転出来たから運転手として働かされたから他の人たちよりはマシだったとか言ってた


としあき : 15/10/19(月)12:55:17

うちの爺さんはけっきょく軍隊も行かなかった
村からも誰も行かなかったといってた


としあき : 15/10/19(月)13:01:53

祖父は大工だったんだけど調べたらS17に召集来て工兵関係で軍務に就いてフィリピンで疫病に掛かって除隊とかだった
徴兵って歩兵がメインだから圧倒的に祖父が海軍さんよりは陸軍の方が多いんだよなあ


としあき : 15/10/19(月)13:04:36

>徴兵って歩兵がメインだから圧倒的に祖父が海軍さんよりは陸軍の方が多いんだよなあ
戦前の日本がコメの輸入国で、基本的に食うに困る国だった事を知っていて
そろそろ平均寿命の標準偏差の外に出てる年齢の方には
メシ食う為に海軍に志願した、って人がぞろぞろ居る

あと徴兵喰らったけどその前の身体検査で乙種丙種だった人達とかも
まとめて艦艇にぶち込まれて
所属もはっきりしないまま海の上でボカチン…


としあき : 15/10/19(月)13:05:47

皆どうやって調べてんの…?


としあき : 15/10/19(月)13:07:49

>皆どうやって調べてんの…?
・本人から聞く
・家族から聞く
・遺品から手記が見付かる
・遺品から同人誌が見付かる
・軍歴証明書を取り寄せる


としあき : 15/10/19(月)13:18:43

おぉこれはどうも
孫でも軍歴証明書の取り寄せができるとは知らなかったよ


としあき : 15/10/19(月)13:07:50

父方の爺ちゃんは陸軍さんに徴兵されたけどずっと内地に居たらしい
母方の爺ちゃんはそれなりに優秀な理系の学生さんだったから徴兵されることもなかったとか
…こうやって考えるとやっぱ先祖が何だかんだで生き残ったから今の自分たちが居るんだなと実感する


としあき : 15/10/19(月)13:13:00

親父側の爺ちゃんが海軍パイロットだった

大分前に亡くなっているけど中学の時聞いた話だと
九六→零21→零32→紫電改→雷電と乗ったらしい(昔の話なんでうろ覚え)

初めて零21を見たときは大きくてびっくりしたそうだ
零32は乗りやすかった言ってたな
紫電改は米軍の戦闘機とおっかけっこが出来て「これなら勝てる!」と思ったらしい
雷電の感想は、、、覚えていないw


としあき : 15/10/19(月)13:34:14

>紫電改は米軍の戦闘機とおっかけっこが出来て「これなら勝てる!」と思ったらしい
恐らく相手はF6FかF4Uかと思われるが、紫電改と互角以上って事は烈風以下のスペックになると思われるから実装前に産廃じゃん


としあき : 15/10/19(月)13:46:03

>恐らく相手はF6FかF4Uかと思われるが、紫電改と互角以上って事は烈風以下のスペックになると思われるから実装前に産廃じゃん
基本艦上機のほうが陸上機よりスペックが落ちる傾向にある
なので紫電改と烈風を比べるのはナンセンスよ


としあき : 15/10/19(月)13:19:22

母方の祖父はフィリピンで補給基地に勤めてたけど配置換えの話が出て胸騒ぎがしたので輸送船の最後の一便に乗って帰ったらしい
時期は1944年の9~10月だから一足遅ければそれはもう…


としあき : 15/10/19(月)13:26:58

九州の寒村だから軍隊にとられた親族は居ないって話だけど本当かどうか怪しい


としあき : 15/10/19(月)13:27:14

俺の場合親が二人とも末っ子でかつ俺自身も末っ子だから「祖父」が戦争に行った世代だけど
下手すると今の大体の十代・二十代の人からすると戦争の出来事は「曽祖父母」の世代だったりするんじゃなかろうか


としあき : 15/10/19(月)13:36:00

陸軍に行ってた爺さんの方が圧倒的に多いはずなのに提督の爺さんはなぜかみんな船乗りヒコーキ乗り
うちの爺さんは当時珍しい自動車が運転できる成人男子だったので南方でトラックを転がしてたそうだ


としあき : 15/10/19(月)14:07:54

>陸軍に行ってた爺さんの方が圧倒的に多いはずなのに提督の爺さんはなぜかみんな船乗りヒコーキ乗り
志願した人は別として大半は徴兵されて歩兵として出兵した人達だから
余程の事がないと南方で地獄を見て戦死だろうし・・・


としあき : 15/10/19(月)13:48:04

うちは爺さんが村でたった一人に医者だったせいか呼ばれなかった
伯父が学徒動員で中国行って昭和24年まで帰ってこなかった。なぜかフランスから連絡あって船で帰ってきた。


としあき : 15/10/19(月)13:51:49

うちのじいさんは内地の局地戦闘機乗りだったらしい
子供の頃で詳しく覚えてないけど唯一はっきり覚えてるのが
また戦争あったらどうする?って聞いたこと
行くよって一言かえってきた


としあき : 15/10/19(月)13:55:01

大伯父さんは第二号掃海艇の乗組員でそのまま昭和17年に戦死されたらしい
爺ちゃんがその掃海艇の模型を作って出征前に撮った写真と一緒に飾ってた


としあき : 15/10/19(月)13:55:17

ウチの母方の爺様は陸軍で飛行機の整備兵だったそうな
ラエに居たらしいがたまたま調子の悪い輸送機の機上整備士?として乗り込んでフィリピンに、、、その少し後にラエ空襲があったそうな
その後はフィリピン経由で台湾配属で終戦まで台湾に居たそうな

車の運転が出来たので航空隊の隊長さん達に重宝されて街に遊びに行くときのアシとしてよく使われたとw
海軍と合同の基地(どこか忘れた)ではなぜか海軍さんの隊長さんとかも送り迎えしたといってた
お礼にもらった缶詰が旨かったそうだ


としあき : 15/10/19(月)14:02:07

うちの爺さんは戦中は幼児だった
火垂るの墓の節子くらいの歳


としあき : 15/10/19(月)14:05:47

うちの祖父はどっちも未だ10代半ばの若造だったから陸軍で訓練してる間に終わったそうだ
一応他には近所の元陸軍士官のじいさんがコートと軍刀大事に残してるって話は聞いたことがある


としあき : 15/10/19(月)22:32:50

>うちの祖父はどっちも未だ10代半ばの若造だったから陸軍で訓練してる間に終わったそうだ
うちの爺さんも同じだ志願たはいいが国に奉公できなかったのが悔しかったみたいだったが富山の連隊にいたから入営中に富山空襲でえらい目にあったそうだ
昨年当時の銃剣道中の写真を見つけたがすごく活き活きした表情で写っていた


としあき : 15/10/19(月)14:13:43

父方母方ともにエンジニアだったそうな
その後も父方はうちの親父もおれもエンジニアになった
父方のじいさまは陸の飛行機開発しててものの本でたまーに見かけるのであこがれの存在
でも艦これには一切かすらないのでそういう意味に限ってはとしちゃんたちが少しだけ眩しい


としあき : 15/10/19(月)14:43:59

うちの祖父はまだ小学生だったなぁ
戦争と聞いても日常生活のひもじさぶりを教わるくらい
もう片方の祖父も徴兵ギリギリの歳だったみたいだし


としあき : 15/10/19(月)14:45:07

戦後の闇市への買出しの話とかかなり面白かった


としあき : 15/10/19(月)15:00:38

ちょっとズレるけど地元の戦時史なんかを調べてみるのも面白い
近所の漁港までムスタングが飛んで来てたり友人宅の近くの旅館ではドイツ潜水艦乗務員の人達が長期滞在してたり…現代では想像もできない


としあき : 15/10/19(月)15:10:28

うちのじいさんは陸で九州行ったけどすぐ戦争終わったとか言ってたな
滑舌悪くなってたからほとんど何言ってるかわからんかったけど


としあき : 15/10/19(月)15:15:37

うちの爺さんは徴兵検査ではねられたらしい


としあき : 15/10/19(月)15:15:42

そういや実家の門柱のコンクリが欠けてるのは焼夷弾が当たったからという話が身近にあったりする

先日、墓参りのときにしみじみ思ったのだが、うちの家系は日清、日露から戦没者がでてない。運良く招集されても内地勤務だったり、きわめつけは少年飛行兵から爆撃機隊勤務で生き残っていたり


としあき : 15/10/19(月)15:22:59

墓場で他所さまの墓石見てると
戦没地が刻んであったりして


としあき : 15/10/19(月)17:12:27

>墓場で他所さまの墓石見てると
>戦没地が刻んであったりして
うちの地区で伊19と沈んだ人がいた


としあき : 15/10/19(月)15:26:07

祖父以上ならまだわかるけど叔父とか叔母が戦争世代とかとしいくつだよ


としあき : 15/10/19(月)15:43:51

>祖父以上ならまだわかるけど叔父とか叔母が戦争世代とかとしいくつだよ
叔母は違うけどその旦那さん(存命中)は幼少期が戦時中だったらしい
学生運動とかの直撃世代でもあったそうで会う度色々話聞かせてもらってるぞ俺


としあき : 15/10/19(月)15:35:50

うちは祖父が徴兵直前に終戦したって話だから曽祖父以前になるな……名前も知らねえ!


としあき : 15/10/19(月)15:46:34

だから萌えキャラ化したのを本人や縁者に渡すのは止めなさいって


としあき : 15/10/19(月)17:23:25

>だから萌えキャラ化したのを本人や縁者に渡すのは止めなさいって
ヤバい
ヤバいよこれ


としあき : 15/10/19(月)18:31:55

>ヤバい
>ヤバいよこれ
下手コラ過ぎてか?


としあき : 15/10/19(月)18:26:00

大人の対応してくれてるけど
こういうの恥ずかしいから止めろと


としあき : 15/10/19(月)15:59:49

中国戦線で生きて帰ってきたけど腰に貫通した穴空いててな


としあき : 15/10/19(月)16:16:35

今年の3月に亡くなった祖父さんはシベリア帰りだった
それ以前は結構な放蕩者だったらしいが
帰国したら凄く真面目になってたと


としあき : 15/10/19(月)17:14:20

ローカルだが、福岡の宗像に霧島の砲術兵がいますよ
毎年、鎮魂のため立派な木製軍艦模型を神社に奉納されている


としあき : 15/10/19(月)17:33:59

うちの爺さんは砲兵だったから海には出なかったな
軍曹までは行ってたって記録は残ってた


としあき : 15/10/19(月)18:44:29

ひい爺さんは旅順要塞に突撃して負傷後送された
爺さんはゼークトラインに突撃して負傷後送された
もう一人の爺さんは海軍の大砲生産に係わった


としあき : 15/10/19(月)18:50:20

うちの祖父は陸海どっちか聞いてないけど舞鶴で事務方やってて対米戦前に一度は退役(?)して開戦後負けこんできたときに再度志願したとか
けど南方行きの途中輸送船が沈められて一晩(?)海を漂って運よく救助されてパラオに送られたはいいものの食べるものが無いからヘビやトカゲ喰いながら生き延びて終戦
火を使うと煙で位置がバレるから生のまま食べたらしい
その話を聞いて育ったせいか知らんけど親父はいまだに鶏肉が苦手


としあき : 15/10/19(月)21:12:03

うちのじい様は陸軍の馬育ててたから徴兵免れたとかそんな事を親父から聞いた


としあき : 15/10/19(月)21:40:40

うちではないが向かいの家の爺さんは回天の発案者の黒木中尉の同期生で菅野直の同級生だった
戦後も自衛隊に入隊していた筋金入り


としあき : 15/10/19(月)21:51:02

うちの父方のじいさんの一人は海防艦に乗ってたそうだ
んで終戦の前日に撃沈されて死んだそうだ
17号海防艦だったっけかな?
海軍関係者はその人だけだと思う


としあき : 15/10/19(月)22:05:31

うちは南の島でオーストラリア兵とやりあってたとか
でも膝に銃を喰らってしまって帰ってきたみたい
たぶん陸軍が少ないのはだいたい死んだからだと思う
じいさん以外であまり聞かなかったな


としあき : 15/10/19(月)22:05:57

父方の爺さんは潜水艦に2度も沈められて生還したらしい
既に他界しているからどの艦に乗っていたかはわからないが艦これ始めなきゃ艦の名前なんて興味なっかただろうしサービス開始があと5年くらい早ければなーと時々思う


としあき : 15/10/19(月)22:32:09

>父方の爺さんは潜水艦に2度も沈められて生還したらしい
>既に他界しているからどの艦に乗っていたかはわからないが艦これ始めなきゃ艦の名前なんて興味なっかただろうしサービス開始があと5年くらい早ければなーと時々思う
厚労省だったかに問い合わせ窓口あったと思うから、軍歴証明書の発行お願いすればわかるかもしれんぞ


としあき : 15/10/19(月)22:38:06

>父方の爺さんは潜水艦に2度も沈められて生還したらしい
一応摩耶が潜水艦デイスにより沈没、救助された769名は武蔵に移乗したが武蔵もすぐに沈む
武蔵は艦載機による総攻撃だから潜水艦じゃないけど


としあき : 15/10/19(月)22:11:31

艦これ板の住民の数に対してじいさん関係者だった比率高過ぎませんかね…


としあき : 15/10/19(月)22:16:57

>艦これ板の住民の数に対してじいさん関係者だった比率高過ぎませんかね…
むしろ時代的には無関係でいることのほうが珍しいんじゃないか


としあき : 15/10/19(月)22:19:36

祖母の前の旦那が従軍記者で 1944年フィリピン近海で輸送船ごと海の底に


としあき : 15/10/19(月)22:23:27

うちの爺様は病弱だったので兵役に取られず病死だったらしいんだけど
兄たちは、ガダルカナル、インパーで10人兄弟中5人が戦死したんだって
港をバックにした記念写真に大和っぽい艦が写ってたのがあったけど
よく見たら写真館の書き割り絵だった
艦橋がそれっぱかったからそう思ったんだけどね


としあき : 15/10/19(月)22:37:59

うちの爺さんは父方はひ弱で兵隊にとられなかったが
母方が頑丈で兵役に就いた
硫黄島やタラワのような花の観光地ではなく大陸の方だったが・・・
まぁおかげで98まで生きていたのだしいいかな


としあき : 15/10/19(月)22:43:14

>まぁおかげで98まで生きていたのだしいいかな
結構最近まで生きてたことになるのかな


としあき : 15/10/19(月)22:45:38

>>まぁおかげで98まで生きていたのだしいいかな
>結構最近まで生きてたことになるのかな
震災の年に人生を引退されてしまった


としあき : 15/10/19(月)22:47:37

>震災の年に人生を引退されてしまった
ご冥福をお祈りします
こちらは今年母親が仏の手に引かれました


としあき : 15/10/19(月)22:49:31

>>震災の年に人生を引退されてしまった
>ご冥福をお祈りします
>こちらは今年母親が仏の手に引かれました
母親・・・ご冥福をお祈りします


としあき : 15/10/19(月)22:41:50

じいちゃんパラオから帰ってきた人だった
詳しい話は何も聞けなかった
ただ、玄関先にさけるチーズみたいにささくれだってひん曲がった鉄の固まりがあってコレ何って聞いたら
「焼夷弾の破片」


としあき : 15/10/19(月)22:45:24

まぁ俺らの祖父は終戦間際の日本軍艦がほぼ全て潜水艦で沈没してる時期に丁度当たってる


としあき : 15/10/19(月)22:49:31

戦記を読めば絶対出てくる錦江湾での極秘訓練、
その内容が正しければ開戦前に祖父が住んでた地区を
九七艦攻隊がスレスレの高度で飛行して奇襲の猛特訓をしてる筈だけど

当時小学生だった祖父に尋ねても、戦闘機を見たりエンジンの爆音を聞いたという思い出は無くて
戦争の話はいつも空襲と食糧難の話だよ


としあき : 15/10/19(月)22:50:58

>戦記を読めば絶対出てくる錦江湾での極秘訓練、
パンピーに聞かれてしまっては極秘ではないのでは?


としあき : 15/10/19(月)22:54:17

>戦記を読めば絶対出てくる錦江湾での極秘訓練、
ごめん勘違いしてた
真珠湾攻撃の訓練のことだったのか
でも結構目撃情報多いみたいだよ?


としあき : 15/10/19(月)22:57:10

母が小学生の時の担任の先生が伊勢にのってて北号に参加していたという
最後になるかもしれない同窓会の時にその時の話をしてくれて
興味があれば…とうことで北号作戦のルートと日時や敵襲とかの
書き込まれたコピーし一枚くらいのメモをくれた
母たちはあまり興味なくその紙も適当にしまわれていたが
今はその紙は俺が貰い受けている
時間があったら戦史とかと照らしあわせてよく見てみたい
今度スキャンできる環境の場所に行ったらデジタル化しておくよ


としあき : 15/10/19(月)23:15:07

>今度スキャンできる環境の場所に行ったらデジタル化しておくよ
前にも爺さんが伊勢か日向に乗ってて北号に参加した人がいたな
数分おきに空襲が来たとかいう日記があったとか


としあき : 15/10/19(月)23:10:02

極秘いうと芙蓉部隊かね
錦江湾沿岸出身だが飛行機関係はあまりきかなんだ
回天の実験場は聞いたことあるが


としあき : 15/10/19(月)23:32:26

やっぱり大成功で損害ほぼなしの作戦だから存命の方が多いのかしら


としあき : 15/10/19(月)23:38:25

>やっぱり大成功で損害ほぼなしの作戦だから存命の方が多いのかしら
伊勢日向自体あまり多くの実戦は経験していないし 北号作戦が終わった後乗組員の多数が陸上勤務に転任したから生存者も多いんだろう


としあき : 15/10/19(月)23:43:39

うちのじい様輸送艦か何かに乗っていたらしいけど戦争後半運ぶものが無いとか何とかで港にずっと居たって言ってたな


としあき : 15/10/19(月)23:50:44

友人の曾祖父が掃海艇に乗ってて戦死なさった話は聞いた事あるなぁ
当時の掃海艇って殆ど漁船だったんだっけ


としあき : 15/10/20(火)01:24:29

うちの爺さんは中島でゼロ戦のテストパイロットをやっていたぞ
紫電にも乗っていたそうだがゼロ戦に比べると動作が重くて操縦しにくいって言ってたな
小学生ぐらいのときに聞いた話だからあんまり鮮明では無いが
ゼロ戦が好きなんだなぁって子供心に思ったよ

引用元:ふたばちゃんねる
ttp://www.2chan.net/



1号:
 聞き辛いけどこういう話は聞ける時に聞いておかないと後悔する…



【艦これ】もしかして川澄さんって大淀実装まで「お疲れ様です」の一言だけだった?

【艦これ】こんなにも可愛いのに…(*´д`*)【画像あり】

【艦これ】かわいい夕立ちゃんの画像下さい! 秋津洲が轟沈しそうなんです!

【艦これ】大本営から来てるはずの任務に関わってる雷と電て何者なの? 他

【艦これ】電車のなかで明らかにとっきーの放置ボイスが聞こえてきたんだけど…

【艦これ】磯風って可愛い以外で掘る理由ある?

【艦これ】「うわきつ」とかいうけどさ、上は何歳までいけるのよ

【艦これ】初期艦って相棒みたいな感じだよな

 

艦これオススメ記事

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 21:41:52
    • 内の爺さんは当時学生で勤労奉仕で大発(当人曰く「上陸用舟艇」)作ってたそうな。 空襲の時に事前に割り当てられていた防空壕が一杯で仕方なしに隣りの壕に入ったら入れなかった方の壕に爆弾が直撃して全滅、爺ちゃんが入った壕はへしゃげたものの崩れはしなかったので命拾いしたそうな。
    • 2. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 21:47:45
    • 大伯父が海軍で、フィリピンのルソン島で特殊艇に乗り壮絶な最期を遂げたそうだ。
    • 3. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 21:54:45
    • 前にもどっかで書いたけど、爺さんが輸送船に乗っていたらしい。敵さんにやれて海上で漂っているところを駆逐艦(艦名は聞けず)に救助されてシンガポールまで行ったそうな。そこで停泊していた武蔵を見てあまりの大きさにぶったまげたらしい。酔うとよくその話をしていたが、もっと詳しく聞いておくべきだった。
    • 4. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 21:54:55
    • 直接的なことは何も聞かないまま逝っちまったからなぁ 大和が凄かったとだけは言ってたけど
    • 5. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 21:56:42
    • 父方の爺ちゃんはどこかの島で上官が重症で自決しよとした時に 解釈する人を決めるのにダチョウ倶楽部的な事をしている間に死んだって 全然笑えない話をしてくたなぁ… 母方は何に乗っていたかは知らないけどパイロットだって聞いてる 終戦はフィリピンで戦後も自衛隊で教官してたってさ。
    • 6. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:01:18
    • じいさんは出征してないけど「空襲は雨のようなもので当たり前だった。終戦して空襲が無くなった事に子供ながら違和感を感じた」って言ってた。
    • 7. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:07:18
    • パラオってペリリューの水戸の部隊生存者は37人しかいないぞ。アウンガル方は舩坂さんとかいたけど。 同じ水戸の部隊でも祖父は東部ニューギニアだ。生き残ったのは3割だった。
    • 8. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:08:18
    • 俺の祖父は二人とも陸軍で中国戦線だったなぁ。母方の祖父についてはあまり良くわからないんだけど、調べてもチンタオの辺りに居たこと位しかわからなかった。 父方の祖父は雑誌「一億人の昭和史」に載っていた自分の部隊の特集とかに印が付けられていてそれで色々とわかったんだが、戦車第三師団の戦車整備小隊員として中国大陸各地を転戦したらしい。本人の口から直接教えては貰えなかったが、親父・叔父の話では何かの任務で陣地を離れて、戻った時には部隊の仲間が首から上だけ残して埋められたり、日本にはないような拷問器具で悲惨な殺され方をしたであろう遺体が残されていて九死に一生を得たとか・・。 俺が小学生の頃に、授業の課題の一環で祖父に尋ねた事もあったんだが、祖父は「戦争はやってはならんこと」としか言ってくれなかった。本人も話したくは無い事なのかもしれないが、それでも色々と祖父の口から聞きたかったな。一言、国のために戦ってくれてありがとうと伝えられなかった事だけが俺の生涯最大の後悔だ。
    • 9. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:13:46
    • ※5 笑えない話を笑いながらするのが死線を抜けた証なのかもな うちの祖父も「飛行機が墜ちてきたぞ米兵を捕まえろー」って寄って行ったが よく見たら味方機だった上に、もろ近くに墜ちて来てえらい事になったとか。
    • 10. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:38:18
    • うちの爺さんは甲標的要員だったな。 戦地に向かってたら乗ってた船が撃沈されて負傷したまま漂流した。 何とか救助されたものの、腰に破片が残り片足の自由がきかなくなってしまった。 まぁ、それなりに長生きしたけど、 亡くなった時火葬したら、その破片が溶けた状態で出てきた。
    • 11. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:39:02
    • うちの爺さんは陸で南方行ってた。砲兵だったそうな。 遺品の戦友からのものと思われる年賀状に、「○○島の生き残りもあと×人になりましたね」って書かれてたのが印象に残ってる。 「大艦隊で出かけてったのに、帰ってくる時は小船数隻だった」って言ってたな。 今になって思えばもっと色々聞いておくんだったなぁ・・・
    • 12. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:41:10
    • 祖父じゃなく祖母の話だけど 終戦の少し前、新潟港を空襲しにきたB29を響が対空射撃で撃墜、炎上しながらB29が墜落してくの見たって言ってた。 皆、屋根の上からその様子は眺めてて手を叩いて大喜びしてたそうな。 B29の乗員の何人かは落下傘で脱出してて地元の消防団に捕まって、撲殺された者もいたそうな。 戦争って、エグいなって思ったさ。
    • 13. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 22:50:03
    • うちの曾祖父は陸軍少将。満州に住んでた祖母曰く家は超豪邸、料理や着替えの召使いに学校までは車で送り迎えで裕福だった。戦後は天ぷら屋でバイトくらいしか出来ないほど落ちぶれて50年代に早死にした
    • 14. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 23:42:05
    • 戦争始まる前に祖父が榛名に乗ってたらしい 戦時中はどっかの航空隊の整備員 軍歴証明書じゃそのくらいしかわからなかった
    • 15. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 23:44:33
    • 親戚の誰か(親戚つながり薄いから直接聞いたわけじゃない)は特攻機に乗って出撃直前に玉音放送が流れて出撃中止になったらしい そんな部隊はそう多く無いだろうから絞り込めそうだけど、ようわからん あとはどういうわけか英語が話せたんで占領軍相手に商売して大儲けしたって親戚もおるな 残念ながら軍艦勤務の話は聞いたこと無いな
    • 16. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-20 23:50:18
    • 親戚が陸軍中将で、やはり満州(関東軍)だったな。終戦工作に関わって戦後も色々していたみたいだが、自分が生まれる前に亡くなってるから細かいことはなんとも。 あと父のいとこから、宇佐に来たB-29を小月の屠龍が体当たりで落としたところを見たと聞いた。パラパラっと銀色の破片が散って飛行機が頭を下げたら、いくつかパラシュートがポッポッと開いて降りていったそうな。
    • 17. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 00:13:26
    • うちの父方の爺さんは、陸軍でなにかしらの砲を扱っていたっ人だったらしい 満州に行ったあと、輸送艇か何かでクサイエ島というところに行ったとか その島にいた時、ある日敵艦隊を見つけたので砲撃したら、その何倍もの砲撃を食らったのでそれ以降敵艦隊への攻撃を諦めたとか… だったかな これを聞いて、やはりアメリカの物量は凄いということを実感したな
    • 18. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 00:44:34
    • 母方の伯父が回天乗員だったが、出撃する前に終戦。 母が何で志願したのか聞くと「時間を稼ぐ為」と答えたそうな。 命拾いしたはずだが、数年と経たず時化の海で亡くなった。 母曰く「やっぱり寿命だったんだろうねぇ」と。
    • 19. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 02:15:59
    • 祖父は外交官で朝鮮総督府にいたから従軍はしてないそうだ。しかし戦後はあやうく戦犯指定されるところだったと聞いている。しかし本人の口からは詳しいことは何も聴けてない。残念なことだ。 そういえば朝起きたら家の庭に不発の焼夷弾が4本突き刺さっていたって聞いた。うろ覚えだけど東京大空襲の翌朝のことかな。
    • 20. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 02:45:59
    • 母方の爺さんが生で見た戦艦(多分金剛型のどれか)に憧れて海軍へ でも配属されたのは小さい船だったと言っていた 随分前に亡くなったのだが、もっと詳しく聞いておけばよかったなぁ
    • 21. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 03:38:11
    • 父方の祖父は大陸方面を転々としてて、母方の祖父は筑豊の炭鉱で働いていたよ 艦これ関係としては、父方の祖父母が眠るお寺に村田隊長の墓所があったことくらいかな
    • 22. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 04:31:29
    • 既に故人だけど親の兄弟で陸軍の高射砲陣地に就いていた伯父が 唯一当時の話をしてくれたのを覚えてる (電探関係だったらしい) 昼間空襲では高空を飛ぶB29のはるか下で高射砲弾が炸裂していて 弾幕も少なくて「こんなので勝てるわけがない」と思ったそうな 母方は都内 (当時は東京市) で空襲対策の家屋の間引きで家を追われて 田舎に引っ込んだ、国民学校当時の縁故疎開の経験もあるが、ひもじかったと なので食べ物を粗末にすることには非常に厳しい母親だったわ
    • 23. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 09:24:53
    • 20年ぐらい前に死んだ爺さんは金が良いからって理由で海軍の機関士になったっていったな。 甲板部じゃなく機関部に?って聞いたら爺さんは「機械弄りが面白そう」とかな理由だったらしいw 何隻かの駆逐艦を乗ってレイテ戦直前だかで負傷して、療養している内に終戦になったとか言ってたが…今思うと若干時期が感じがするし爺さんの勘違いもあると思うし、今度きちんと調べてみるかな でも気付けば船の大きさや航海範囲の違いはあれど親子三代で船乗りの道
    • 24. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 10:20:02
    • 家の爺さんの戦争話って上官の悪口しかなかったな 因みにシベリア帰り
    • 25. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 14:55:31
    • ※9 ご近所さんかな?w ウチの場合は「捕まえろー」じゃなくて手に手に獲物を持って殺す気マンマンで押しかけたって話だったが
    • 26. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 15:35:40
    • 江田島兵学校で防空壕に入ってた時、入り口の小さな隙間から停泊してた利根の高角砲が空に向かって吠えてたのを見てた話は今でもよく聞くな お前たち見てろ、これが実戦だ。と見せられてたらしい
    • 27. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 16:14:47
    • 両親の祖父ともに体が弱くて戦争に出たことが無いから「身近の人に戦争の体験談を聞こう」という夏休みの課題ができなかったこと思い出した
    • 28. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 17:29:31
    • うちのじっちゃは陸軍で支那の方に行ったらしい、そんで飯炊きしてたって 砂糖がなくて仕方ないから山に蜂蜜取りに行ったとか 昔終戦時の写真見せて貰ったけど、なんつーか肥えてた 後、戦時中の話じゃないけどばっちゃと一緒にTV見てて昭和天皇の特集だった時にばっちゃの言葉が 「やっぱり前の天皇陛下は厳しいいい顔してるなぁ。今の天皇陛下は優しいだけだ」 だった
    • 29. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 18:48:52
    • うちの母方の祖父は志願で海軍に入って、通信科兵として重巡「青葉」乗組で第一次ソロモン海戦に参加、その後駆逐艦朝潮に乗組。それからラバウルの根拠地隊に転属になりそのままラバウルで終戦を迎えたよ。最後は特務少尉まで昇進してた。もう10年前に亡くなったが、軍歌のレーザーディスク買って「ラバウル小唄」とか「太平洋行進曲」なんかをよく聞いてた。今思えばラバウルに転属にならなかったらダンピール海峡で死んでたかもだなあ。
    • 30. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-21 19:23:42
    • 俺のじい様は大陸に行くための輸送船が撃沈されて本土防衛にまわされたから生き残れた。しかし、兵隊内の上官からのシゴキは想像を絶するものだったらしい。防空壕掘っている最中にラジオ放送の連絡があって終戦を知ったとか。同期も沢山戦死したから余り話さなかった。 もう一人のじい様は子供だったけど下町育ちだからB29の焼夷弾空襲や、昆布取りに浜辺に行ったらグラマンに機銃攻撃されたとか、それが日常風景のようで聞いていて驚いた。 しかしもう二人ともいない。
    • 31. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-22 03:05:19
    • 依頼を受けて当時の搭乗機や艦船、戦闘車輛をプラモで、当時の資料や史実、被ダメージ修復痕跡など可能な限り再現して製作したりしていますが、陸軍にいらしていた方の話は本当に生々しいです。たった一欠片の岩塩を持っていたか否かにより生死を分けた、とか…
    • 32. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-22 04:12:12
    • 家の母方の祖父が福岡空襲の時に兵士やってて 死体の片付けした話を聞いたけど、滑舌悪くなってて 詳しくは聞けなかった。 祖母は当時、学生だったらしくて竹槍の話してくれた。 ドラマみたいに竹槍で敵を倒すとかいう感じじゃなくて 剣道、柔道みたいに竹槍って科目があるだけで普通の体育と してやってたらしい。 後はいつ頃か判らんけど、下校中に飛行機に銃撃されて 手を繋いでた友達の手が千切れたとか何とか… どちらも話を聞いてから2~3年で亡くなってしまった。
    • 33. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-23 19:14:49
    • うちのじいさんは近衛だったな たしか野砲連隊だったはず 馬にも乗ってたから馬刺しは食わなかったよ
    • 34. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-24 23:54:39
    • 「あなたのおじいさんは立派な空母乗りだったのよ。」と祖母から言われていたので、てっきり航空隊所属のパイロットさんだとおもいきや、パイロットどころか空母に乗ったのも戦後の復員輸送の時だった模様。なお、空母の名前は葛城。
    • 35. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-26 20:14:41
    • 全く関係ないのだが夜戦大好き軽巡洋艦 川内は1週間の間に2回も迷子になり2回とも空母鳳翔艦載機に保護され連れ戻されてるのだが、それ絡みのエピソードが無いような…
    • 36. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-26 21:02:28
    • うちの爺さんは学徒で徴兵されて海軍陸戦隊で狙撃してたらしい。酒飲んだ時ですら、あんまり昔を語らん人だったけど俺が子供の頃エアガンで遊んでた時の怒り方は尋常じゃなかったな…。久しぶりに会いに行くかな…。
    • 37. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-29 18:25:02
    • 93歳で亡くなった祖父は、生前に駆逐艦に乗って水雷士をしていたらしい。 魚雷ってのは、まっすぐだけじゃなくて、曲がるように調整できるんだ、と舵の仕組みを 教えてくれた気がする。 S15年に退役したけど、海軍の話をいろいろしてくれた。 形見分けの時に何冊か本をもらったが、どれも丁寧に読み込まれている感じだった。 孫でも軍歴証明書って申請できるかな、ちと厚労省に聞いてみる
    • 38. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-30 00:48:47
    • 厚生省の担当者いわく 孫なら祖父との関係を証明すれば発行してくれる。ひ孫までくるとダメだそうで。 まず祖父の除籍謄本、あと親の全戸籍と自分の戸籍謄本。 あとは厚生省に問い合わせて申請書類取り寄せて、関係書類と一緒に窓口に送ればok。
    • 39. 名無し主義の提督さん
    • 2015-10-30 01:15:16
    • ※38 ありがとう、役所に連絡して聞いてみる。 亡くなってずいぶん過ぎて墓参りもあんまりしてない不肖の孫だから、 すこしくらいジイさん孝行しないと。
    • 40. 名無し主義の提督さん
    • 2015-11-03 13:28:03
    • うちの母方祖父は終戦間際に海軍に兵隊にとられそのまま内地で終戦、父方はシベリア抑留のトラウマのせいか戦場体験を語ろうとはしなかった 母方祖父は、毎日のようにバッターでケツバットされて眠れないほど内出血したとか、本土決戦に向けて爆弾抱えて突進する訓練させられたとか、海軍には悪い思い出しかないらしい。
    • 41. 名無し主義の提督さん
    • 2015-11-15 17:15:48
    • 祖母が日露戦争の時沈んだ、戦艦「初瀬」の展示の時乗艦している。祖父(鉄道省の役人から政治家)の弟が海軍省少将(最終、賜男爵)だったので、招待されたようだ。
    • 42. 名無し主義の提督さん
    • 2015-11-22 22:22:49
    • 皆すげえなぁ……うちの母方の祖父母は戦時の人だがまだ子どもだったし……空襲の話とかは聞いたことあるけど。
    • 43. 名無し主義の提督さん
    • 2015-11-24 11:49:49
    • うちの爺ちゃん偵察・艦載機のテストパイロット兼整備士でシナ事変経験者なんだが 2chとか行けばどの水上母艦と巡洋艦に積みに行ってたのか分かるのかな。 艦の名前思い出せないらしいんだ。
    • 44. 名無し主義の提督さん
    • 2015-11-29 21:54:57
    • 自分の身内にはそういう人いないな ただ子供のころよく行ってた模型屋の人が予科練 行っていて終戦になったとか(今もご存命) あと近所に戦艦武蔵に乗艦してたというご老人がいた (今はもう鬼籍)
    • 45. 名無し主義の提督さん
    • 2016-01-31 11:36:19
    • 自分の両祖父は当時小学生だったから従軍経験は無かったが、地上戦に巻き込まれたので色々と凄まじい話を聞けた。 祖母の兄(大伯父)の二人が海軍だったらしいけど、二人とも戦死していて詳しいことは判らない。 ただ、仏壇の自分より若い大叔父の写真を見ると、彼らが居たから今の自分が居るのだなと思う。
    • 46. 名無し主義の提督さん
    • 2016-02-09 21:15:36
    • バダビヤ沖海戦で最上に沈められた輸送船に乗ってた その話はよく聞いたけど、今になって思うと聞けたのは開戦頃の話だけだった 船員の方が兵士よりずっと死亡率が高かったというのは当時は知らなかった
    • 47. 名無し主義の提督さん
    • 2016-02-09 21:18:44
    • ※43 判るんじゃないかな 支那事変当時の水上機母艦の写真は結構残ってる イギリス海軍が撮影したものが
    • 48. 名無し主義の提督さん
    • 2016-05-19 12:20:45
    • 母方の御祖父さんは広島のほうで駆逐艦(名称不明)に乗っていたんだけど・・・ 艦の前方に移動し、艦の前半分が山陰に隠れた瞬間、あの光が広島を襲ったって ちょうど陰になっていたから助かったけど、後ろにいた船員たちは・・・ちょっとココではいえない状況だったって
    • 49. 名無し主義の提督さん
    • 2016-05-19 12:23:25
    • 48だけど 父方のほうはおじいちゃんもおばあちゃんも死んじゃったけど 戒名がおじいちゃんは金剛、おばあちゃんは妙高だったよ
    • 50. 名無し主義の提督さん
    • 2016-08-14 18:44:44
    • 親父の方のGちゃんは戦艦日向が爆撃されてる現場にいて、海に退避?したんだけど、降ってくる人体や対空砲の破片やら機銃掃射の中を、泳ぎ回りながら必死で逃げまくってたらしい。 あと、広島の原爆投下も遠方から目撃したって。当日は市内に行く用事があったらしくて、あと一歩早かったら被爆者になってた。 非番日に同僚と道を歩いてたらいきなり機銃で撃たれて、隣を歩いていたその同僚の人が肉塊になってたとか。
    • 51. 名無し
    • 2016-10-01 16:29:41
    • まだ若造だから曾祖父が兵役行ってたわ なんでも石工やってたから工兵として召集されてフィリピン行こうとした輸送艦が叩き沈められて何もせんうちに死亡らしい
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

艦これオススメ記事

このページのトップヘ

この記事の
TOPへ