艦これまとめ主義-攻略ネタサイト

艦隊これくしょんの攻略やレシピ、レベリング情報や初心者講座。漫画画像。ニコニコ動画、
PIXIVネタなどを毎日たくさん配信していくよ!

  • 22
  • コメント

412: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)16:59:27 ID:WYS
アイオワって細長すぎて撃ったら傾くんだっけ?

dafa65dd-s

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=45683052

wikipedia
アイオワ (USS Iowa, BB-61) は、アメリカ海軍の戦艦。アイオワ級戦艦のネームシップ。

417: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:00:32 ID:5gm
>>412
でもドリフトできるよ!

420: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:01:30 ID:tLH
>>412
細くて機関の配置がめんどくさい事になってたりしなかってっけ?
艦尾の振動問題とか、けっこうあったような気もする。

422: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:01:32 ID:egh
>>412
流石に主砲撃って傾くという事はないが最大戦速だと揺れまくって主砲がぶれる

430: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:01:59 ID:e8W
アイオワはあくまで金剛おばあちゃんを追い掛け回してぼこるための戦艦
本命は大和よりさらにでかいモンタナ級だけど造る前に勝ちが決まった

wikipedia
モンタナ級戦艦(モンタナきゅうせんかん、Montana Class Battleship)はアメリカ海軍の戦艦の艦級である。1940年に5隻の建造が承認されたが、戦局の推移、艦船運用思想の変化から1943年に全艦建造が取りやめとなった。アメリカ合衆国において設計された最後の戦艦の艦級である。

439: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:03:48 ID:0Ou
>>430
大国アメリカの片手間のお遊びだよな

大和型もあまりにでっちりすぎ「たらい舟か!」て
古い軍人には不評だったらしい

454: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:05:46 ID:tZ7
>>439
アメの海軍上層部が今手元にある艦じゃとても追いつけない金剛型にどれだけ怯えてたと思ってる
戦争終盤以外は向こうだって遊んでるような余裕はないぞ

452: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:05:35 ID:sgC
>>430
大和よりでかいというよりアイオワよりでかいって運河どう越えるつもりだったのか

456: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:05:49 ID:NFO
>>452
飛ぶ

462: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:06:18 ID:WYS
>>452
運河ガン無視したんだよ

460: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:06:06 ID:egh
>>452
運河のほうを掘削して拡げるという計画だった
マジパナイ

471: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:07:00 ID:PQI
>>452
運河拡張分の予算も建造費に計上されてたんやで(ニッコリ

487: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:09:12 ID:7Ty
>>471
まさに通れないなら道の規格を合わせてしまおう計画
さすがやで

476: 名無しさん@おーぷん 2014/12/16(火)17:07:42 ID:zA5
>>452
建造の認可に合わせてパナマ運河に新閘門が建設される予定であった。新閘門完成後はモンタナ級の通行が可能になり太平洋と大西洋双方で運用が
可能となるはずであったが、運河の拡張は戦後キャンセルされた。

引用元: 【DMM/角川】艦隊これくしょん~艦これ~ 1618隻目

【艦これ】阿武隈って北上の事苦手に思ってるよな? でも北上からはそうでもないの? 他鳳翔さん

【艦これ】日本戦艦って12隻しかいないんだな。 …黄道12宮…閃いた! 他温泉

【艦これ】艦これの場合は史実的な背景あってのキャラづけだから楽しいよね

【艦これ】艦隊のメニュー一覧。パンつくれるんだ神通さん。

【艦これ】阿賀野姉妹は上の三人のお乳が実にいい感じなので酒匂の成長にも期待している 他

【艦これ】なんでイギリスって金剛作ってくれたん?敵というか他国なのに

【艦これ】朝雲の制服見て思ったんだけど、艦娘って将校なんだな

【艦これ】何かとネタにされがちな妙高型姉妹だが重巡姉妹の仲では一番好き。


艦これオススメ記事

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 01:13:45
    • いまだにF6Fやアイオワ級が零戦に~、金剛型に~系のホラ話を信じている奴がいるんだな。 現実にそんなガンダムの一年戦争みたいにいきなり新兵器がポイポイとできるとでも本気で思っているのかね? ちなみにアイオワ級の計画は太平洋戦争が始まる3年以上前から始まり 起工は戦争が始まる1年以上も前だ。 ちなみにアイオワ級は高速戦艦であり、巡洋戦艦の金剛型とは最初からコンセプトが 全く違うし、運用方法も異なる。 ちなみにアイオワ級の全速力で航行しているときに振動してるから主砲が撃てないのは 根拠もないデマである。 たぶん同じ形状のツインスケグを採用したノースカロライナ級やサウスダコタ級の 高速航行時に異常振動が起きて推進器をかえたことや、その細長いイメージで勝手に判断したんだろうが アイオワ級にはそのような問題点は報告されず、実戦でも31ノットでも砲撃している
    • 2. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 03:29:31
    • こうやってみるとしおいちゃんの運河爆撃は結構理にかなった戦略なのかもしれないな……
    • 3. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 07:26:23
    • WarBirdsの質問掲示板(AnsQ)からの引用とは懐かしいな・・と、朝からしみじみ。 F6Fが零戦の対抗として~云々は、流石に時系列からいっておかしいけど、アイオワが 金剛対抗としての側面を持っていた事は、否定しきれないと思うけどね。金剛級の存在と 改装を繰り返して強化されている事は、戦前から(アイオワの計画時)明らかだったから。 この辺りは未だに研究者の間でも議論されている部分なので、断言は難しい。
    • 4. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 09:12:54
    • ※1 アイオワが大和に対抗は間違いと言う話はよく聞くけど、金剛型に対抗したのは間違ってるなんて初めて聞いたな。 しかもその理由が、「現実にそんなガンダムの一年戦争みたいにいきなり新兵器がポイポイとできるとでも本気で思っているのかね? ちなみにアイオワ級の計画は太平洋戦争が始まる3年以上前から始まり 起工は戦争が始まる1年以上も前だ。」とはね。 この理屈はおかしいだろ、いつから金剛型が開戦後に建造された新型戦艦になったんだ? 戦前から存在したんだから、最初からアイオワ型の建造コンセプトに組み込んでいても可笑しくないだろ。 後方に回り込まれて、好き勝手されたら目も当てられない事態になるんだから。
    • 5. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 12:37:53
    • 1 どうも勘違いしてるようだが アイオワは軍縮条約以降自分らの速力ある戦艦がいないことに気づいたアメリカが 金剛などの高速の戦艦に対して主力の重巡洋艦が一方的に狩られる事態を危惧して 現状護衛に随伴できる戦艦が無いぞってんで造ったんだぞ 当時から日本おなじみの過少申告でさえ金剛型は十分脅威な速力だったんだよ 何せ当時のアメリカ戦艦はどいつもこいつも鈍足だからな だから金剛型対策ってのはあながち間違ってないんだよ 金剛型相手に戦いが成立する速力と圧倒できる火力 だからパナマ運河ギリギリ通過可能で高い速力持ちつつ勝つ強力な主砲積もうって 無理して造ったらあんな細長い船体になった 金剛型はWW1から居た古参戦艦だぞ 何で戦ってからその速力に対抗したみたいな話になってんだよ 秘密兵器で味方すらスペックよく知らされてない大和じゃあるまいし 金剛型のスペックなんて戦争前からある程度しってたに決まってんだろ アメリカが他国の戦艦の現状スペック全く調べてないとか無いから
    • 6. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 13:31:03
    • 「日本は条約制限を上回る46,000トン型の16インチ砲搭載戦艦4隻、もしくはそれ以上の18インチ砲搭載戦艦を建造していると見なされていた」 「当時の米国では「互いの空母機動部隊の決戦で制空権を奪取したのち、味方制空権下で戦艦同士の砲撃戦を行うもの」と考えられており、艦隊決戦を優位に進めるためには航空決戦での勝利が前提条件と考えられていた」 「、サウスダコタ級戦艦と同様の27ノット中速戦艦と、空母機動部隊に随伴可能な33ノット高速戦艦の双方で検討されることになった」 wikiの抜粋だけど対金剛型じゃなくて対日本新造戦艦がコンセプトな希ガス
    • 7. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 13:56:50
    • けっこう無茶な作りでサウスダコタ級の方が完成度は高いっていうのは本当なの?
    • 8. 名無し主義の提
    • 2014-12-30 16:31:22
    • ※4 5 6 説明不足で済まないな WW1の戦訓で巡洋戦艦には防御面などの致命的な欠陥が露呈していて 日本やイギリスは既存の巡洋戦艦を全くの別物の戦艦といえるレベルまで改造している そして各国ではWW1以前に高速戦艦という新しコンセプトの次世代戦艦の建造に 取り掛かり、イギリスのクイーン・エリザベス級から始まり長門型などの 高速戦艦が次々と誕生していくなか、ワシントン海軍軍縮条約が締結された頃には 世界各国では30ノット超えの高速戦艦の開発に取り掛かっており 日本が1934年に条約を破棄を通告してる時点で既に欧州では30ノットを超える高速戦艦を 建造や計画を始めていて、1936年に日本が脱退する前の1935年にフランスのダンケルクに始まり、イタリアのヴィットリオ・ヴェネト級やドイツのビスマルク級などが次々と建造されている。そして1938年にエスカレータ条項の発行によりアメリカも中速戦艦の保有数を減らさずに、高速戦艦を持てるようになりアイオワ級は同年の1938年に開発が始まっただけであり、アメリカも最初から高速戦艦を持てるなら持つつもりだった。 そして俺がアイオワ級が金剛型に対抗して作られたわけではないといいたい理由は、金剛型が30ノット超えの高速戦艦となる第二次改装が1934~1940の出来事で、改装が終わる前からアメリカでは既に30ノット超えで16インチ搭載の高速戦艦の計画が始まっていて、アメリカ側ではアイオワ級が金剛型に対抗して建造されたという記録が一切なく、米海軍情報部が1942年12月まで金剛型の最高速力を26ノット程度に把握していたという記述が存在しており、米軍の識別表にも26ノットと記載されているからだ。
    • 9. 名無し主義の提
    • 2014-12-30 16:41:29
    • そしてアメリカは金剛型の第二次改装の内容も知らずに、ただの旧型の巡洋戦艦の金剛型に対抗してアイオワ級の建造を進めたのはおかしくないか??
    • 10. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 20:48:26
    • アイオワ級に繋がる計画段階初期には4万5千トンの枠内で、砲力重視最大27ノットで戦艦部隊の中核となる「低速戦艦」案、空母機動部隊に随伴可能な33ノットの速度と金剛型を確実に始末出来る砲力を持つ「高速戦艦」案があって、前者はモンタナ級に発展するも未成、後者がアイオワ級として建造されてる。 アメリカ海軍は巡洋戦艦及び高速戦艦を持っていなかったから砲撃&装甲において重巡洋艦を遥かに上回る金剛型に対抗する手段がなかった。 加えてアイオワ級計画前のアメリカ海軍による対金剛戦術は「重巡洋艦を大量にぶち当てて止める」くらいしか方法がなく、それは成功しても前衛偵察兵力の激減を意味していたからアイオワ級の計画において対金剛を意識していないというのはあり得ない。 第1次大戦中の独巡洋艦による通商破壊作戦を見ても判る通り、洋上を高速で走る艦を捕捉・撃滅するには(空母の威力が実証される以前においては)より高速かつ大威力の砲を持つ艦を充てるか数で包囲・撃滅するしかない。 アメリカ海軍がアイオワ級に対金剛の意図がなかったとしたら、学習能力がないおバカさんの集団って事になっちまうw
    • 11. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 21:19:44
    • ※11 アイオワ級が計画が始まるときにはまだ金剛型は30ノットも出せない 旧型の巡洋戦艦なんですが..... だいたい第1次大戦中の独巡洋艦による通商破壊作戦の例を出しているが、 その結果巡洋戦艦はフットワークが軽いが、戦場に運べても 特にイギリス式の巡洋戦艦は防御力に欠陥があり、格下相手にも大損害を出した戦訓からオワコン化して 各国が高速戦艦の開発を始めたんだろうが あとアメリカも一度は16インチ搭載の33ノット出せるレキシントン級巡洋戦艦を建造している (WW1の戦訓とワシントン海軍軍縮条約で空母に変更しているが) しかも欧州には既に30ノット以上出せる高速戦艦がいるのに わざわざ高速戦艦以下の速力の巡洋戦艦の金剛型に対抗してアイオワ級が 開発されたと言われても疑問に思うね。 だいたい金剛型が30ノット以上出せる高速戦艦に改造されたのもWW2開戦初期だし、 アメリカが認知するのも戦後なのにね。 まだ天城型巡洋戦艦を意識して開発されたとかならまだわかるけどね。
    • 12. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 22:26:36
    • >>12 アメリカ海軍の金剛型速力見積もりは27.5ノット、この速度で走りまわられて確実に捕捉・撃滅し得る手段はアイオワ級の他にある? 空母機動部隊の随伴艦としてもそうだし、33ノットってのは金剛型を捕捉・撃滅を「確実」にする為に必要な数値。 日本海軍がおおむね20~21ノット(改装後はほぼ20ノットで統一)のアメリカ戦艦群に対し速度の優越は5ノット必要として改装戦艦群を25ノットに統一したのと同じ事。 第一次大戦で巡洋戦艦は脆さを露呈したという人が多いが、薄い舷側装甲ではなく甲板装甲を貫かれた事と、当時の英戦艦の甲板装甲も同程度で同じ状況下にあれば英戦艦も轟沈していたと言う事を忘れてはいけない。 加えて海戦序盤は低速戦艦が「必要な時に戦場に到達出来ていない」という状況が発生した事も大事で、英戦艦でまともに戦えたのは高速戦艦の嚆矢でもあるQE級。 巡洋戦艦が陳腐化したのではなく、機関技術が発達した事で防御力を犠牲にしなくとも高速力を発揮出来るようになった事で発展的解消を遂げた、と解するべき。 1920年前後の機関技術の発達は八八艦隊計画艦を見れば判り易いが、長門型で缶21基8万馬力だったものが次の加賀型では缶12基9万1千馬力と飛躍的な発達を見せている。 巡洋戦艦は重装甲と高速を両立させるのに必要な機関出力が得られない時代に出現したものだと言う事を忘れてないか? 更に言うとアメリカ軍にとってレキシントン級が空母になった為に対金剛戦力がなくなった、という事も重要。 レキシントン級は八八艦隊計画の高速戦艦を相手にするには些か力不足だが、仮想敵である日英の巡洋戦艦群に対する戦力(フッドは事実上高速戦艦)としては十分な戦力を持っていた&どちらかの国家とのみ対するなら数でも優越する筈だったのだから。
    • 13. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-30 23:31:51
    • ※13 アメリカの金剛型の速力の見積は戦後まで26ノットだぞ 元々太平洋では欧州の限られた海域と違って 砲戦力による通商破壊は困難 日米共に潜水艦による通商破壊以外はあまり重要視しなかった あとなんでアメリカはまだ高速戦艦ではなく巡洋戦艦時代の金剛型を巡洋艦キラーの 高速戦艦として考えなければいけないんだ? 仮に新たな防御が施された第一次改装後の戦艦時代の金剛型を想定していても 速力を含めてもノースカロライナ級やサウスダコタ級でも十分すぎる 性能だったし、実際に史実でも十分すぎる性能差を誇ったじゃないか というかみんなwiki系の情報をソースとしてるのに アメリカ版の八八艦隊の三年計画を無視するのはなぜだ? 三年計画は八八艦隊と同じように中速のサウスダコタ級6隻と 33ノットの高速のレキシントン級6隻で編成する予定だったが これも八八艦隊と同じようにワシントン海軍軍縮条約により破棄されて レキシントンを空母に改装したが 日本が脱退したことによりアメリカは再び三年計画を始動することができ サウスダコタとレキシントンをモンタナ級とアイオワ級に置き換えた 新たな計画が始まったにしかすぎない (ルーズベルトの戦艦より空母作れの発言により、モンタナは建造されず アイオワ級も定数は建造されずに終わったが)
    • 14. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-31 00:02:24
    • >>14 >>巡洋艦キラー 理由は単純、金剛型はドイツ装甲艦が「戦艦に太刀打ち出来ず巡洋艦からは逃げられない」という部内評価を逆転した「戦艦では追いつけず巡洋艦では太刀打ちできない」という宣伝そのものの艦だから。 アメリカの巡洋艦は本来「偵察艦隊」として戦艦主体の「戦闘艦隊」から数百キロ先を行動する。 ここに金剛が殴りこんでくる事をアメリカ海軍は非常に恐れてた。 偵察戦力をやられると戦術行動に大きな支障が出る、かといって高速を身上とする巡洋艦部隊に旧式戦艦は組み込めないし、新造戦艦はまずもって日本の新造戦艦に対する事を考えなければいけない。 戦艦対戦艦という方向性ではノースカロライナ>サウスダコタ>モンタナ(未成)と計画が進んでいるが、当初対金剛用としても運用出来るよう30ノットが求められていたものの条約の制限からこれを実現する事が出来ず、結局これらとは別の方向性でアイオワ級は機動部隊随伴用&金剛キラー&遊撃戦力として計画されてる。 金剛キラーと遊撃戦力は表裏一体で、要は「金剛型をこう使われたら厄介だ」という事で金剛型の行動を封殺でき、なおかつ同じ事をやれる戦力としてアイオワ級が整備されてる。 当初の4隻という建造計画も練習戦艦となった比叡が「現役復帰した可能性がある」と判断されてはいたが、確証がなかった事から相手が3隻なら4隻あれば常に同数が稼働出来るという判断に基づくもので、追加建造の5、6番艦は大西洋配備を目的としていた。 勿論日本海軍が金剛型をそう使おうと考えていたかどうかってのは全くの別問題。 あくまでもアメリカ海軍の視点から見た場合、金剛型をこう使われたら対処出来ない、確実に対処するにはこれだけの性能が必要だ、って結果がアイオワ級って事。
    • 15. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-31 00:11:17
    • あとここで言う「遊撃戦力」は通商破壊作戦の事ではなく、艦隊戦において高速を利して後方に回り込む、といった戦術運動上で速力を活かした優位性のこと。 或いは開戦後にアメリカ海軍が空母を用いて行ったマーシャル・ギルバート諸島やマーカス島への攻撃といった作戦への随伴(実際には間に合ってないけど)。 アイオワ級は対戦艦戦闘という枠に囚われない、極めて汎用性の高い戦力として位置付けされるべき艦で、その任務に当たる際に仮想敵である日本海軍が持つ目標艦が金剛型だった、と個人的には考えてる。
    • 16. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-31 00:23:19
    • ※15 だからそれは戦後の人間による神の目視点によるものだろ? というか俺の書いた文章を理解してる? WW1の戦訓で当時の金剛型を含む巡洋戦艦の能力では巡洋艦を一方的に狩るのは無理だと判明し、 第一次改装後の戦艦時代の金剛型では君の言った「戦艦では追いつけず巡洋艦では太刀打ちできない」というのは速力の面で巡洋艦キラーとなるのも無理 というか速力の面でも長門型を使った方がマシ そして30ノットの高速戦艦時代の金剛型でようやく巡洋艦キラーとも言える性能を誇るが アメリカがそれに気づくのはだいぶ先で、金剛型が高速戦艦に改造する前から既に アイオワ級の開発は進んでいる。だいたい太平洋戦争時に金剛型を高速戦艦としての性能を理解して高速戦艦という名称で読んでいたのは当時は日本だけだ 太平洋戦争時のスペックだけ見比べて神の目視点で判断するなんて間違いだろ。
    • 17. 名無し主義の提督さん
    • 2014-12-31 00:38:02
    • >>17 偵察艦隊の役割判ってます? 敵に遭遇したら逃げる訳にはいかないんですよ、全軍の目なんだから。 だからこそ巡洋戦艦を持たない米海軍は偵察艦隊が金剛型に遭遇したら戦力がすり減る事を承知で「多数の重巡洋艦で金剛型をボコる」って覚悟だったんです(形は違うけど第三次ソロモン海戦第一夜戦で比叡がやられた状況)。 だけどそれは一番やられたくない事で、可能なら避けたかった。 偵察艦隊がやられるって事は艦隊決戦時に戦艦を守る兵力が減少すると言う事、そしてそれは日本の巡洋艦戦力を掣肘する手段がなくなると言う結果に繋がる。 そしてそれを避ける為には最低でも30ノットの戦艦で金剛型を掣肘する事が必要だけど、条約の35000トンという制限下では不可能だからエスカレーター条項で上乗せされた1万トン分を機関関係に回す事で33ノットのアイオワ級を成立させたわけで。 別に戦後の情報ではなくても戦前(1930年代)のアメリカ海軍を調べればこういう考えを持っていた事は判りますよ? そして実際に日本海軍は主力である戦艦部隊とは別に使いやすい便利な戦力として、金剛型に対し戦前から様々な任務を想定していた訳ですし(夜戦部隊支援、機動部隊護衛等)。 つか、長門型は艦隊決戦主力なんだから遊撃任務に投入なんて出来る筈ないでしょうに。 艦隊決戦を有利に導く為に遊撃部隊を出すんだから。
    • 18. 名無し主義の提督さん
    • 2016-01-24 04:51:29
    • アイオワ級は対金剛型戦艦ではない、って説のが現在の主流らしいね 軍事の世界は数年でコロコロ変わってホンマ魔境やな
    • 19. 名無し主義の提督さん
    • 2016-02-21 10:29:10
    • ああ、金剛に対抗にするためだからあんな口調と性格になったんかアイオワ!
    • 20. 名無し主義の提督さん
    • 2016-04-12 12:55:18
    • アイオワは嫌いなのでちんじふに来たら轟沈または解体かな
    • 21. 名無し主義の提督さん
    • 2016-04-21 09:46:57
    • 別に総叩きされても構わないのですが、 ひょっとしてIowaって、複数体いるんですか?。 ざっと見た所、Iowa(金の長髪)。 このサイトであがっているIowa(金の短髪) Iowaで調べると出てくるアイオワ(黒い長髪&傘持ち)。 これだけのIowaがいるみたいなんですが?。
    • 22. 名無し主義の提督さん
    • 2016-04-21 10:21:42
    • とりあえず>>422の「最大戦速だと揺れまくって主砲がぶれる 」という件に関しては現在デマ(勘違い)である事がハッキリしてるので削除してもらえないでしょうか、管理人さん このままだとこのサイトが嘘情報の発信源となりかねないので…
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

艦これオススメ記事

このページのトップヘ

この記事の
TOPへ