艦これまとめ主義-攻略ネタサイト

艦隊これくしょんの攻略やレシピ、レベリング情報や初心者講座。漫画画像。ニコニコ動画、
PIXIVネタなどを毎日たくさん配信していくよ!

  • 0
  • コメント

名無しさん : 2014-03-27 (木) 11:46:01
 
go-go1_2


5-5に行ってる提督多いし、
ここは皆で一回出撃して
ss取って見せ合いっこしない?
またの名を傷の舐めあいという。    


名無しさん : 2014-03-27 (木) 11:48:31

ok。ちょうどさっき突入したとこだから


名無しさん : 2014-03-27 (木) 11:50:01

どんな編成で出撃しろと・・・


名無しさん : 2014-03-27 (木) 11:55:41

自由でいいんじゃないかな


名無しさん : 2014-03-27 (木) 11:55:59

戦3潜3か戦3空母2軽空1が主流なのかねぇ
昼飯食い終わったら俺も試しに凸ってみるかな


名無しさん : 2014-03-27 (木) 12:02:06

【悲報】3戦目撤退
 
go-go2_2


名無しさん : 2014-03-27 (木) 12:06:28

タイミング逃したけど
これで旗艦撃破に成功しました。
あとは最終形態だけや!!


名無しさん : 2014-03-27 (木) 12:27:20

先日までは俺もその状態だったな。
やっと右側はコンプしたけど左側ェ・・・




名無しさん : 2014-03-27 (木) 06:53:09

5-5も簡単とか言い出す奴いるから
このゲーム怖いわ   

名無しさん : 2014-03-27 (木) 06:55:44

5-4みたいなとこならまだしも、
みんながヒイヒイ言ってるところで
そういうこと言い出すのはちょっとねえと思う。


名無しさん : 2014-03-27 (木) 06:56:07

運がいい奴は7回で突破したりするからな。
開拓勢の努力を知らずに
のうのうと楽ちん攻略して
言ってると考えると大草原不可避だけど


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:17:26

前哨戦は
無慈悲の丁字不利以外全部撃破できてたな・・・。
編成どんな感じ?


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:21:52

最初の頃は空母2金剛4、
到達は一番安定
したけど
撃破難しいから変えて
重2金剛4にしたら開幕大破増えたから
潜水3大和武蔵陸奥に変えた(二回目の撃破はこれ)
ボスで反航ばっかひくから夜戦でもきつくてね

yamato2

musasi2

mutu2


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:24:55

ちょっとそれ参考にさせてもらって
行ってみるわ。
大和武蔵いないから
長門型+金剛改二になっちまうが。


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:25:27

戦3潜3は道中支援ALLキラ、
攻略隊もキラ3重ねしてやっと
1,2戦目抜けれる感じだからなぁ。

運が悪いと到達できないけれど


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:27:34

道中支援は必須だよ
潜水3使う場合、撃ちもらすと大抵アボンするからw
二戦目が鬼門、
あと対空より命中重視がいいかな、
開幕は祈る


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:28:49

大和型いないのは
若干厳しいような気がする。
エリレの雷撃を耐えれるのが
大和型しかいない(ですら若干厳しい)からね。
高速編成支援マシマシがいいんじゃないかな


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:31:54

基本開幕雷撃は
直撃しないの祈るしかないからねー、
大和型の利点は
レ級中破まで追い込みやすいってのもある、
金剛型だとちっと足りんのよね


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:33:03

そういや自分
大和改造してない状態だから
実質あんま長門型とかわらんかもw


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:46:53

決戦支援にして
潜水艦ダメコン論者でも
168集中狙いされて
168だけダメコン2つ消費、
ボス前哨戦勝つも撤退。
道中に切り替えて再挑戦してみる。


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:52:08

ダメコン使うにしても
保険だから一戦目大破したら
かえったほうがいいよw

あと支援は両方がいい


名無しさん : 2014-03-27 (木) 07:57:11

了解。
こうなりゃ総力戦だ。
両方出す。

艦これオススメ記事

コメント

コメント一覧

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

艦これオススメ記事

このページのトップヘ

この記事の
TOPへ