艦これまとめ主義-攻略ネタサイト

艦隊これくしょんの攻略やレシピ、レベリング情報や初心者講座。漫画画像。ニコニコ動画、
PIXIVネタなどを毎日たくさん配信していくよ!

  • 16
  • コメント



名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:35:29

空母もいない電探も積んでいない駆逐艦隊で索敵って
何で索敵してるんだろう・・・   

名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:35:50

目測


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:36:06



名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:36:24

第六感


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:37:03

妖精さん


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:37:07

水兵服の襟


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:37:35

気合


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:38:34

アホ毛


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:39:10

NTレベル5


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:39:17

索敵は結局のところ人の目が大事だって天龍ちゃんが言ってた


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:41:00

これかな 


名無しさん : 2014-02-09 (日) 17:41:13

「遠見の水晶球」





1号:
 やっぱり肉眼か…
 
 でもアフリカ在住の一部の人は視力物凄いらしいし
 艦娘もスゴイのかも…

艦これオススメ記事

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 18:02:00
    • いや、双眼鏡があるやろw ちなみに日本軍は夜戦用に昼間は暗い部屋に観測員を閉じ込めたりしていた。 一方米軍はレーダーを発達させた。この差は、やっぱデカイよなぁ。
    • 2. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 18:15:16
    • これ、大サトーが書いてて、裏が取れてないんだけど見張員は夜間視力が落ちないように「サングラス」してたとか(これはどうもウソっぽい?)。あとはモデルグラフィックスにもあったけど(12月号)、暗い部屋で夜まで待機していたとか、瀬間喬海軍主計少佐・海将補によると、「駆逐隊司令が視力が悪くならないよう、暗い艦内では自分で書類を読まずに部下に読み上げさせてた」(どこで読んだか思い出せないが、瀬間海将補の書籍であることは確実)とか。見張員にビタミンAの特配など帝国海軍では視力が最重要視されてて、いろいろやってたらしい…。戦闘機パイロットも夜間に星が見えるくらいだった、というし。
    • 3. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 18:37:02
    • 夜間見張り員はヒロポン打って夜目をきかせていたらしい 副作用が知られるまではビタミン剤くらいの認識だった
    • 4. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 18:37:07
    • 元々軽巡洋艦ってそういう用途で作られてたんだがな ピケット艦と言って艦隊の前方に突出させるある種の威力偵察役
    • 5. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 18:44:41
    • ※2 夜間に星が見えるのは当たり前なのですが、それは・・・ 昼間に星ならスゲーだけど
    • 6. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 18:46:54
    • 現代人に有り勝ちな勘違いか? 高空で夜間、計器類の明かりしかない状態で星が見えなかったら パイロットなんて出来ませんがな(´・ω・`)
    • 7. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 19:03:40
    • 夜間の目視は通常視力ではなく周辺視野が重要 焦点を合わせて正面で見るのではなく、視野の端で物を捉える感じ。
    • 8. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 19:10:37
    • 昼に星が見える、は坂井三郎さんですね。 大空のサムライに書いてあった。
    • 9. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 19:48:35
    • 当たり前だが、新月の夜なんかはマジで何も見えない だが初期の日本軍はそのタイミングを生かして攻勢をかけようとした程度に良く見えていた レーダーが発達してからは月が無くても雨だろうと霧だろうと米艦からは見えちゃうので 逆に満月など明るい時を狙って行動するようになる ただいずれにしても、前方展開した潜水艦や陸上大型機・水上飛行艇などで常時索敵警戒が行われ 敵が発見され次第、展開中の艦隊に通達されるのが普通だった どんなに目が良かろうとレーダーが高性能だろうと、水平線の向こうは見えないからなw
    • 10. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 20:40:16
    • 軽巡・重巡にカタパルトがあって、それで少数の航空機を飛ばす もしくは基地から そういうのがまったくない場合は、目視
    • 11. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 21:41:00
    • 時雨の人間電探は有名だな…
    • 12. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-09 22:22:22
    • レーダーに限らず電子戦まるっと軽視されてたしなぁ
    • 13. 名無し主義の関西人提督さん
    • 2014-02-10 01:18:18
    • 帝國海軍の見張り員の能力を侮らないで頂きたい。 熟練の見張り員なら、艦首が立てる波の大きさで敵艦の速度まで判別できるそうな。 そーいや、夜戦に必須の吊光弾てまだ出てないんだよなあ…
    • 14. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-10 10:21:09
    • ※13 夜戦時に水偵飛んでないからなぁ・・・ そういや主砲等から打ち上げる星弾(照明弾)ってのもあったよな
    • 15. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-11 02:27:50
    • レーダー黎明期にあって技術的に信頼性が足りなかったことと、帝国海軍の気質として防御兵器の開発に消極的だったこと、電波を発することによる逆探への警戒から(結局気にすることはなかった)、大戦中期までは目視が基本だった
    • 16. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-11 09:08:24
    • とある航空戦艦「白眼!!!!!!!!」 これだ
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

艦これオススメ記事

このページのトップヘ

この記事の
TOPへ