艦これまとめ主義-攻略ネタサイト

艦隊これくしょんの攻略やレシピ、レベリング情報や初心者講座。漫画画像。ニコニコ動画、
PIXIVネタなどを毎日たくさん配信していくよ!

  • 37
  • コメント

名無しさん : 14/01/24(金)08:30:11

艦これ豆知識スレ







名無しさん : 14/01/24(金)08:30:40

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!




名無しさん : 14/01/24(金)10:05:32

基本的に甲板上に
逃げ場はなかったってこええな


名無しさん : 14/01/24(金)10:07:37

>基本的に甲板上に逃げ場はなかったってこええな
爆風で自分もダメージ受けそうだな


名無しさん : 14/01/24(金)10:15:07

ギャー


名無しさん : 14/01/24(金)10:17:29

>ギャー
艦長に今日は曇で有効射撃できないから
撃っちゃダメって言われてたのに
砲術長が我慢できなくて撃っちゃったらしいね


名無しさん : 14/01/24(金)08:37:50

チャーリーにしなか、
こんなの描いてたのか


名無しさん : 14/01/24(金)08:46:53

悔しいが解りやすい


名無しさん : 14/01/24(金)08:49:28

13万2千馬力とかわくわくする
アトムより強い


 名称未設定-1


名無しさん : 14/01/24(金)08:57:09

艦これ豆知識というより
普通の当時の軍艦豆知識のような気が


名無しさん : 14/01/24(金)09:07:12

前から違和感あるんだけど
動力機関が胃袋って表現でいいのかなあ?

消化してエネルギーを得るから
消化器官ってことになるのかなあ
でも腹減ったという表現だと
燃料槽の方が合ってる気がするし


名無しさん : 14/01/24(金)09:09:14

>動力機関が胃袋って表現でいいのかなあ?
「ここが艦娘の小腸だ!」とか言われても


名無しさん : 14/01/24(金)09:11:46

大食い=胃袋がでっかい
まあ腹と表現するしか無いな


名無しさん : 14/01/24(金)09:15:40

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!
 


名無しさん : 14/01/24(金)09:25:46

>No.240951449
ホントこの人の艦これ漫画は
ネタの選択と表現にセンスを感じる
本業?の汁分多めの漫画とのギャップが凄まじい


名無しさん : 14/01/24(金)10:03:36

>ギャップが凄まじい
自分の職業には出来ないが
趣味としては断然得意な分野が
突然流行りだしたらこういうのを
やりたくなるのかな

ちょっと違うがHJとか電ホビの古参が
ガルパンで戦車模型のページ数を増やしたときに
今まで制限されてた得意分野を
大手を振って生かせるみたいな事
書いてた人がいたなあ



名無しさん : 14/01/24(金)10:29:22

ガルパンや艦これ特集の時のモデルグラフィックスの
生き生きっぷりがほんとすごかったやね

ダウンロード 


名無しさん : 14/01/24(金)09:24:34

これマジ?
 


名無しさん : 14/01/24(金)09:33:08

>これマジ?
マジ


名無しさん : 14/01/24(金)09:36:01

>これマジ? 
マジだが名前が違うな
それと46cm砲弾以外にもある



名無しさん : 14/01/24(金)09:40:27

>これマジ?
実際のところ普通の砲弾でもこの現象は起きるし
この特性がどこまで有効だったかは微妙


名無しさん : 14/01/24(金)09:43:20

通常だと着水した時点の衝撃で砲弾の
先端がホローポイントみたいに
ひしゃげて超減速しない?

外れるカバーがついてるからサッと水中に入って
そのまま進水できるのでは


名無しさん : 14/01/24(金)09:45:53

>ひしゃげて超減速しない?
土佐を撃ったときに水中弾現象を発見して
弾道が安定するように改善したのが
上の漫画のやつ


名無しさん : 14/01/24(金)09:49:54

>ひしゃげて超減速しない?
通常だとどこに行くかまったく予想できない


名無しさん : 14/01/24(金)09:48:35

>この特性がどこまで有効だったかは微妙 
普通の砲弾では海面に突き刺さった瞬間に
更に角度が深くなって沈み込んだりする

魚雷の様に水面下を進む時もあるけど
弾頭の形状のせいでどこに進むかわからない

だけど九一式徹甲弾なら着弾点から
水面下をまっすぐ約80m~100mほど進むので
至近弾でも有効打になりうる

まあ九一式徹甲弾でもそのまま
沈み込んだりするのもあるから
通常弾をそのまま使うよりはまだ
マシよねっていう程度のものだけど


名無しさん : 14/01/24(金)09:29:04

天龍ちゃんのイメージが・・・


名無しさん : 14/01/24(金)09:30:23

>天龍ちゃんのイメージが・・・
古い船だから物知りって事で一つ


名無しさん : 14/01/24(金)09:32:11

>>天龍ちゃんのイメージが・・・
>古い船だから物知りって事で一つ
デースは物知りって感じ全くしないな


名無しさん : 14/01/24(金)09:32:52

>>天龍ちゃんのイメージが・・・
でも自分が世界水準!
で止まってるキャラだからなぁ
ていうかそんなん言われるまで
別に違和感とかなかったのにぃ!



引用元:ふたばちゃんねる
ttp://www.2chan.net/



2号:
はじめて「缶」が装備できるって聞いた時は
意味が分かりませんでしたが、これはわかりやすい。

駆逐艦たちのために校外?学習前日に、
がんばって勉強や紹介の練習をする天龍ちゃん。
もちろん柱の影から見守る龍田さん。
とか想像してニヤニヤしてしまいましたwww

艦これオススメ記事

コメント

コメント一覧

    • 1. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 18:57:49
    • チャーリーにしなかのどこに掲載されてたの?同人??
    • 2. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:14:02
    • 機関方面に行くと日本の技術力の低さがモロに目立つからなぁ・・・ (天才が一人いれば設計は何とかなるけど、機関は国力と基礎技術がモロに来る)
    • 3. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:28:33
    • まー公式アンソロの作品を丸々載っけるのはどーかと思うよ
    • 4. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:29:55
    • >>1 最初の天龍達のは佐世鎮アンソロ1巻に載ってるよ 榛名のやつは俺も知らないから誰か知ってたら詳細頼む
    • 5. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:31:01
    • 缶とかタービンを装備すると胃袋が大きくなるよ!ってイメージなんだろうか。
    • 6. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:31:31
    • 収録は、アンソロ佐世保鎮守府1
    • 7. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:31:38
    • チャーリー氏の漫画は、公式アンソロ佐世保鎮守府①だな。 俺もこの話でかなり理解が深まった様な気がする。
    • 8. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 19:37:22
    • 艦船も萌えも描ける数少ない漫画家 飯島祐輔が生きてたら喜んで飛びついていただろうに
    • 9. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:34:06
    • 「としあき」を「名無しさん」に変えるなよ
    • 10. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:41:37
    • 大きなヤカンで湯を沸かしてると考えれば早い 火力発電所もこんな感じ
    • 11. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:43:48
    • 流石に商業のアンソロそのまま載っけるのはな。
    • 12. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:44:39
    • 蒸気機関車みたいに石炭燃やしているのは旧式艦の天龍ちゃんぐらいでしょ
    • 13. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:46:31
    • アンソロの中ではいい意味で異色だよなーこれ
    • 14. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:50:43
    • >>4 榛名の46砲のくだりは最近出したチャーリーにしなかの同人誌やな
    • 15. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:54:38
    • ※1 たしか同人でも戦車と大和の解説本やってたな。 なんていうか、学研秘密シリーズみたいでいいよな。
    • 16. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 20:54:59
    • これって発電もやってたの?
    • 17. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 21:35:24
    • 天龍さんが両さんみたいなマニアになっちゃった…
    • 18. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 22:10:26
    • 今更だけど、この漫画は面白かった 基本的には知ってる事ばかりだけど図解ってのは素晴らしい そーいや、エロ漫画描くんだよなこのひと
    • 19. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 22:12:36
    • 火力発電だけじゃなくて原子力も蒸気タービン 蒸気機関ってのは設備が大きいほど効率が良くなる だから発電装置などの主流は蒸気機関
    • 20. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 22:26:34
    • ※16 お湯がグラグラしてれば幾らでも発電できるから当然だろ つーか、他の方法で発電する理由が見つからない
    • 21. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 22:30:08
    • 「これはわかりやすい」ってコミック買ってないのバレバレじゃないですかー
    • 22. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 22:33:17
    • というかコミック内容って載せていいの?
    • 23. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 22:56:31
    • これは普通にアカンやろ 支部とは違うから警告来るで
    • 24. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-24 23:01:26
    • >前から違和感あるんだけど 動力機関が胃袋って表現でいいのかなあ? 動力じゃなくて缶だから良いんじゃね? 消化してエネルギーにするのは消化器官だし タービンは筋肉とかの消費する組織と考えるべき タンクは弁当箱や脂肪だろ愛宕的に 牛だったら胃が複数あるけど擬人化だから胃が複数 ってのは考えたくないわwww
    • 25. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 00:33:07
    • 管理人さんよ 悪いこと言わんから早く消した方がええよ 変なのに見つかったらそれこそめんどくさいことになりますよ。
    • 26. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 02:03:47
    • マンガは値が下がる前に大抵売ってしまうが、この解説が良かったんで佐世保はまだ持ってる。
    • 27. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 02:29:04
    • 132000馬力は蒸気機関車C62だと62両分。 ただし、C62は49両しか作られていない。 『銀河鉄道999』は原作だと一つ手前のC6248。アニメ版だと存在しないC6250。
    • 28. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 07:21:42
    • 削除したならその旨を書けよ だんまりか
    • 29. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 07:26:21
    • ※14 とらのあな専売で委託されてるよ 在庫少なくなってきてるから、欲しい人はお早めに
    • 30. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 10:26:48
    • ※12 5500トン級の軽巡はみんな重油・石炭混焼缶を積んでる 特に川内型は混焼缶を増やした関係で煙突が1本増えた
    • 31. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 14:54:10
    • 天龍先生って たぶん海上自衛隊の訓練支援艦てんりゅうに かけているのだと思うよ
    • 32. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 15:32:54
    • 肝心の画像乗せないならスレタイの意味分からなくね?
    • 33. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 17:37:05
    • パラサイトブログの馬鹿のためにも 出版社に連絡しとくべきだった・・・残念
    • 34. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 17:42:42
    • 「鉄のおおいがはずれ、」が大井っちかと思ってしまった・・・
    • 35. 名無し主義の提督さん
    • 2014-01-25 21:30:03
    • そういえばこれ佐世保のやつだったな。 てことは2巻にもありそうだな
    • 36. 名無し主義の提督さん
    • 2014-02-02 07:39:43
    • このまとめにはタイトルは関係ないってことでいいの? 天龍いないんだが
    • 37. 名無し主義の提督さん
    • 2014-03-12 22:53:23
    • 石炭燃やしてる旧式艦の天龍が重油専焼缶の駆逐艦に語れることなんて昔話くらいでしょ
コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

艦これオススメ記事

このページのトップヘ

この記事の
TOPへ